2007年04月10日

満開だっ。

咲き誇る。





今日はなんにも予定がなかったので、お外へ。
もも子と。




京都のなかでも有数の観光地、嵐山。
その嵐山には、京福電車、通称嵐電という、
一両編成のワンマン電車が走っています。
ところどころ路面だったりもします。



その嵐電のとある駅間に、桜のトンネル(勝手に命名)があるのです。
電車に乗ってたら、トンネルみたいに感じるから。



・・・と思って調べてみたら、
ほんとうに「桜のトンネル」という名称のようです(笑)



毎年ねぇ、乗ろうと思うんですけど、
なんせ嵐山につながってるので、観光客が多い。
早朝に行こうかとも思うのですが、
空が十分に青くないのでお好みでない(わがまま)。



なので、今年は初めて、自転車で行ってみました。
絶妙のスポットが2箇所あった☆


スポット@、踏み切りでは、何人かのカメラマンらしき人たちがいて
「きれいですねー」なんて話しかけてきました。


スポットAは、たぶん地元の人しかなかなか行かないであろう小路の突き当たりにあって
わーと思ってみてたら、地元のおばあちゃんがやってきたので
「きれいですねー」なんて話しかけてきました。
踏切がないので、二人して轢かれそうになりましたが(汗)





今が一番いいときだよ、
満開〜散りかけで、はらはら花びらが落ちてきて。





よく考えたら、今年、おそらく最後の春、in 京都。











3年前。
私は国公立大志望2年目で、後期までもつれ込んでしまいました。
落ちたとわかったのは3月の25、6日で、
傷心の間もなく京都に来たのは28日、
家も、宿も、家具も、家電も、衣類もない状態で母と二人京都に来て、
まだガスも通ってない新居に寝泊りして、
入学式が4月1日。

京都の交通網なんかまったくわからない状態で、
迷いに迷ってたどり着いた大阪ドーム。

翌日から仕事がある母とは、式の前、ドームの前で別れました。



式後、知らない所で完全に孤独で、
どうやって帰るかも覚束無いなか、
どうにかこうにか京都に戻ってきて乗った嵐電。
もう、日も暮れてました。


怒涛の数日間を過ごしたことでとても疲れてて、
これからの生活が不安で、
そしてなにより淋しくて、
泣きそうになって座っていたら、
急に電車のスピードが落ちて、車内が真っ暗になりました。











「ただいま、ライトアップ期間中のため、車内を一時消灯いたします。
 しばし、ウン十本の桜をお楽しみください」


みたいなアナウンスが流れました。





ほんっっっとにきれいでね、
ちょうど満開でね、
乗ってた人たちがみんな幸せそうでね、
そんな中、私はひとり号泣してしまいました。



でもね、涙ぐんだほうが、ぜったいきらきらしてきれいだった(笑)



明かりがついたら、明らかにひとりおかしい子がいるもんだから(笑)、
隣のおばちゃんがね、
「大丈夫?ティッシュあげよか?」と言ってくれました。



そんな、思い出の桜トンネル。



あれからもう3年。
京都の春も、4回目。







京都は暮らしにくいな、て思ったことは何度もあったけれど
毎回春が来るたびに、
やっぱり京都はいいなぁなんて思ってしまうのでした。





もし関西勤務になったら、
京都に住みたいな。



1年後、自分がどこにいて、何をしてるのか、
皆目見当がつかない。


でも、こんな時期もそうそうないかもなぁ。
最後だと思うからこんなにきれいに感じるのかもしれないな。



いまを楽しもう、全力で。






少しずつ、成長しているようです。





よしよし。



posted by ◎うち◎ at 16:19| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。